2017.6.19 11:36

TOKIO国分「厳しく言い合っているところも見た…その関係に憧れた」元SMAPメンバーの退社に

TOKIO国分「厳しく言い合っているところも見た…その関係に憧れた」元SMAPメンバーの退社に

特集:
SMAP解散
SMAP

 TOKIOの国分太一(42)は19日、司会を務めるTBS系ニュース情報番組「ビビット」に出演。SMAP元メンバー稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)が、期間満了となる9月8日をもってジャニーズ事務所との契約を終了するとの報道を受け、心境を語った。

 国分は番組冒頭からこの話題を取り上げ、「自分も今朝(ニュースを)知りました。解散の時も驚きましたが、影響の大きさを知りました」と自ら切り出した。続けて、「いつか追い越したいと思ってライバルとしてやってきたという気持ちもあった」とSMAPに対する個人的な思いを吐露。「再結成してほしい思いは強いが、グループの中では考え方も方向性も少しずつ変わるもの」と、退社するメンバーをおもんばかった。

 また事務所のジャニー喜多川社長が元SMAPメンバーにあてたメッセージには「このジャニーさんの言葉というのはしみますね」と一言。「関係性としてはいつも笑顔であるんだけど、SMAPとジャニーさんが厳しく言い合っているところも見てきたし、その関係に僕は憧れてきた」と、両者のこれまでの歩みに触れ、しみじみとした表情を浮かべた。

 最後は「どこへ行っても自分にとって先輩というのは変わらない。(SMAPに)刺激を受けて僕はこうやって仕事ができているので、これからも稲垣さん、草なぎさん、香取さんからたくさんの刺激を受けたいなと思います」と思いを語った。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. TOKIO国分「厳しく言い合っているところも見た…その関係に憧れた」元SMAPメンバーの退社に