2017.5.19 05:03

中村獅童の肺腺がん、専門家「40代では珍しい。数日以内に退院」

中村獅童の肺腺がん、専門家「40代では珍しい。数日以内に退院」

肺腺がんは肺がんの一種。肺の末梢(まっしょう)に発症しやすい

肺腺がんは肺がんの一種。肺の末梢(まっしょう)に発症しやすい【拡大】

 歌舞伎俳優、中村獅童(44)が18日、初期の肺腺がんを公表した。定期的な健康診断で11日にステージ1aと発覚。肺腺がんは肺がんの一種。肺の末梢(まっしょう)に発症しやすく、肺にできるがんの約60%を占める。女性の方が発症率は高く、喫煙との因果関係が低いことが特徴で、進行すると転移のリスクが非常に高くなる。東京放射線クリニックの柏原賢一院長(61)は「近年は増加傾向にあり、患者は60、70代が多く、獅童さんのような40代では珍しい」と指摘。ステージ1aの場合は「9割の確率で完治します」と説明。今回の手術について「(腫瘍が小さいため)胸に数カ所の穴を空け、内視鏡を使った手術になるのでは。術後の状態がよければ、数日以内に退院し、その後は経過観察になる」と話した。

  • 肺がんのステージ
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 中村獅童の肺腺がん、専門家「40代では珍しい。数日以内に退院」