2017.5.18 11:00

若手理容師の技術を披露! 東京都理容競技大会開催

若手理容師の技術を披露! 東京都理容競技大会開催

左から稲葉大会運営委員、佐々木副委員長、飛田委員長、荒井委員。開会式で出場者たちを激励した

左から稲葉大会運営委員、佐々木副委員長、飛田委員長、荒井委員。開会式で出場者たちを激励した【拡大】

 若手理容師の技を競い合う第59回東京都理容競技大会(主催:東京都理容生活衛生同業組合)が8日、東京・文京シビックセンターで開催され、のべ約2000人が来場した。開会式では佐々木恵子大会副委員長が「選手のみなさん、実力をいかんなく発揮してください」とあいさつ。このあと、理容師らにより競技が開始され146人の選手たちは、短い競技時間で髪のカットやスタイリングを行っていった。

 優勝は、第1部門のクラシカルカット・ファッションカテゴリーが宇田隼風さん(多摩小平)、第2部門のレディスカット・パーマスタイルが鶴見健太郎さん(千代田)、第3部門のNEW HAIR gain-Gが松信利治さん(豊島)に決まった。クラシカルカット部門で1位に輝いた宇田隼風(29)さんは「師匠の言うことをよく聞いて、その気持ちに応えたいと思いました」と受賞の喜びを語った。優勝者は今後、10月に和歌山県で行われる全国大会へ東京代表として出場する予定だ。

 閉会式では飛田英雄大会委員長から今後の理容業界ついて「適正な料金に見直し、いま一度、一般社会に通じる業界にしていきましょう」などと展望が語られた。

 この他の会場では、若手理容師による「ひげフォトコンテスト」や、理容室に飾るPOP教室、子供たちに髪の洗い方を教えるイベントなどが開催され来場者を楽しませていた。

【受賞者一覧】(敬称略)

◆第1部門:クラシカルカット・ファッションカテゴリー 優勝:宇田隼風(多摩小平)、2位:小針光功(多摩府中北)、3位:安部記將(多摩小平)

◆第2部門:レディスカット・パーマスタイル 優勝:鶴見健太郎(千代田)、2位:森健太郎(中野)、3位:井上敦史(新宿)

◆第3部門:NEW HAIR gain-G 優勝:松信利治(豊島)、2位:佐々木魁斗(文京)、3位:内田健人(荒川)

  • 若手理容師たちが技を競い合う
  • 第1部門クラシカルカット・ファッションカテゴリーの受賞者
  • 第2部門レディスカット・パーマスタイルの受賞者
  • 第3部門NEWHAIRgain-Gの受賞者
  • 理容室に飾るためのPOP教室
  • 若手理容師による「ひげフォトコンテスト」
  • 子供たちに髪の洗い方を教えるイベント
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 若手理容師の技術を披露! 東京都理容競技大会開催