2017.4.22 05:03

浅香あき恵、初主演映画で男を手玉に取る悪女熱演!「女優気分を満喫」

浅香あき恵、初主演映画で男を手玉に取る悪女熱演!「女優気分を満喫」

浅香あき恵(左)は60歳にして初の主演映画をPR。仁科克基(右)とのキスシーンは必見!?(沖縄・那覇市)

浅香あき恵(左)は60歳にして初の主演映画をPR。仁科克基(右)とのキスシーンは必見!?(沖縄・那覇市)【拡大】

 「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」(23日まで)が21日、沖縄県で開幕した。

 那覇市の「桜坂劇場」では吉本新喜劇の浅香あき恵(60)の初主演映画「ありえなさ過ぎる女 ~被告人よしえ~」が上映され、あき恵も舞台あいさつに出席した。

 「自分の顔がアップになるとブサイクやな~って思いました。女優気分を満喫させていただいたんですけど、大変やなって思いました」

 あき恵が演じるのは3人の男性を殺害した容疑で逮捕された60歳の独身女性で、男性の心を手玉に取る悪女を熱演した。仁科克基(34)ら手玉に取られた男とのキスシーンもあり、仁科は「監督にクレームなんですけど、僕のキスシーンだけ長かった」と不満顔だった。

 芸能生活40年を迎え、還暦のあき恵は「60歳になっていいことばかり。最近は7億円詐欺の女性にそっくりと言われた」とハッピー(?)な日々を送っているようだ。

  • 浅香あき恵(左)は60歳にして初の主演映画をPR。仁科克基(右)とのキスシーンは必見!?(沖縄・那覇市)
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 浅香あき恵、初主演映画で男を手玉に取る悪女熱演!「女優気分を満喫」