2017.4.22 05:02

遠藤要、謹慎明け初公の場で涙の謝罪「ご心配、ご迷惑をおかけしたことを…」

遠藤要、謹慎明け初公の場で涙の謝罪「ご心配、ご迷惑をおかけしたことを…」

映画「GRAY ZONE」のイベント上映に出席した遠藤要

映画「GRAY ZONE」のイベント上映に出席した遠藤要【拡大】

 2月に写真誌で違法カジノ店への出入りを報じられ、謹慎中だった俳優、遠藤要(33)が21日、東京都内で行われた映画「GRAY ZONE」(藤原健一監督)の初日舞台あいさつで仕事復帰した。

 所属事務所によると、報道から2カ月たった今月10日に謹慎処分が解除され、騒動後公の場に初めて登場。舞台あいさつの冒頭、涙を浮かべながら、「この場に立てていることが純粋にうれしい。自分と関わりのある全ての皆様へご心配、ご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と深々と一礼。「今まで以上に努力を重ね、役者道を突き進んでいく所存です」と語った。

  • 映画「GRAYZONE」のイベント上映に出席した遠藤要
  • 映画「GRAYZONE」のイベント上映に出席した左から遠藤要、聡太郎、山根和馬、市山京香、IZAM、藤原健一監督
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 遠藤要、謹慎明け初公の場で涙の謝罪「ご心配、ご迷惑をおかけしたことを…」