2017.4.21 12:37

7億円所持の韓国人を逮捕 関税法違反容疑も、3億8000万円強奪とは無関係か

7億円所持の韓国人を逮捕 関税法違反容疑も、3億8000万円強奪とは無関係か

 福岡県警は21日、福岡市中央区のみずほ銀行福岡支店前で現金約3億8000万円が強奪された事件の後に、福岡空港で多額の現金を持っていたとして事情を聴いていた韓国人の男4人のうち、2人を関税法違反容疑で逮捕した。残る2人も逮捕する方針。現金は7億円余りで「車購入のために預かった金だ」と説明していることが県警の調べで新たに判明した。

 男らは強奪事件への関与を否定。県警も関与の可能性は低いとみている。

 逮捕容疑は、20日午後、必要な届けをせずに多額の現金を福岡空港から持ち出そうとした疑い。

 強奪事件の発生は20日午後0時25分ごろ。その後、韓国人の男数人は福岡空港で発見され、事情を聴かれていた。

 4人が勤めるソウルの会社の男性社長(42)は共同通信の取材に「現金は知人から預かった車の購入代金で、強奪事件とは無関係」と説明した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 7億円所持の韓国人を逮捕 関税法違反容疑も、3億8000万円強奪とは無関係か