2017.4.20 17:34

遺体は50代の元暴力団組員か 遺棄容疑で20代男再逮捕へ

遺体は50代の元暴力団組員か 遺棄容疑で20代男再逮捕へ

 大阪府和泉市の住宅敷地内で成人とみられる男性の遺体が見つかった事件で、遺体が大阪府内に住む50代の元暴力団組員とみられることが20日、捜査関係者への取材で分かった。捜査関係者によると、頭に拳銃で撃たれたような痕が少なくとも1カ所あり、大阪府警捜査4課は致命傷の可能性もあるとみて調べる。

 別の事件で逮捕された20代の男の供述に基づき遺体を発見。元組員は金銭トラブルを抱えていたといい、捜査4課は死体遺棄容疑で男を再逮捕し、詳しい経緯を調べる方針。

 同課によると、司法解剖の結果、死因は脳挫滅だった。遺体は花壇を約50センチ掘った地中からうつぶせの状態で見つかった。腐敗が進み、頭部には土のう袋がかぶせられていた。黒色のジャンパーにジーンズを着用し、左足のみ靴を履いていた。

 元組員は2月に所在が分からなくなり、知人が3月、府警に届け出た。

 複数の近隣住民によると、花壇は3月ごろから現場に元々あったコンクリートを割り、深さ1メートル以上の穴を掘って作られたという。作業に当たったのが若い男女数人との情報もあり、捜査4課が関連を調べている。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 遺体は50代の元暴力団組員か 遺棄容疑で20代男再逮捕へ