2017.4.20 20:30

押切もえ、“アスリートの妻”として大事なことは「気を使いすぎず自然にいる」

押切もえ、“アスリートの妻”として大事なことは「気を使いすぎず自然にいる」

 モデルの押切もえ(37)が20日、東京都内で行われたアスリートブレーンズ推奨商品発表会に出席した。

 「アサヒ ザ・ドリーム」「アサヒ スタイルフリー」「アサヒ オフ」の3商品が同推奨商品第1号に認定されたことを記念したもので、元陸上選手の為末大氏(38)、朝原宣治氏(44)と登壇。

 昨年11月にプロ野球・ロッテの涌井秀章投手(30)と結婚した押切は、“アスリートの妻”として「気を使いすぎず自然にいること」を大事にしていると明かし、為末氏に「あまり(夫を)ケアしすぎてもダメですよね?」と質問。

 為末氏が「無関心くらいがちょうどいい」、朝原氏が「無関心とまでいくと寂しいけど、あんまり細かく言われるのもイラッとする」と返答すると、押切は深くうなずき「難しいですけど、中間を保っていきたい」と宣言した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 押切もえ、“アスリートの妻”として大事なことは「気を使いすぎず自然にいる」