2017.4.10 05:03

TOKIO長瀬、TBS系「ごめん、愛してる」で18年ぶりラブストーリー主演

TOKIO長瀬、TBS系「ごめん、愛してる」で18年ぶりラブストーリー主演

「ごめん、愛してる」坂口健太郎

「ごめん、愛してる」坂口健太郎【拡大】

 TOKIO・長瀬智也(38)が7月スタートのTBS系「ごめん、愛してる」(日曜後9・0)で、18年ぶりにラブストーリーの主演を務めることが9日、分かった。

 2004年に韓国で制作・放送された同名ドラマ(ソ・ジソブ主演)が原作。当時は「冬のソナタ」の27・6%を超える最高視聴率29・2%を記録する人気を誇り、日本では06年にテレビ東京系などで放送された。

 長瀬は母親の麗子に捨てられ、裏社会で生きる岡崎律を演じる。律は憎しみながらも思慕の情を抱く母と再会するが、母が別の息子、サトルに愛情を注ぐ現実に直面。さらにひょんなことで出会い、好意を抱いていた凛華がサトルに思いを寄せていたことも分かり、運命に翻弄されたヒロインと母をめぐる2つの三角関係を繰り広げる。

 男気あふれる雰囲気が魅力の長瀬にとっては、1999年のフジ系「砂の上の恋人たち」以来、久々のラブストーリー主演作。長瀬は「これまで『ラブなんか』とちょっと否定的でしたが、今回は素直に『自分がラブストーリーと向き合うならどうなるか』という思いでやりたい」と誓った。

 凛華役は吉岡里帆(24)で、今回が連ドラのヒロイン初挑戦となり、「ヒリヒリと痛い愛の物語と丁寧に向き合いたい」と長瀬との共演を心待ちにした。

  • 「ごめん、愛してる」大竹しのぶ
  • 「ごめん、愛してる」吉岡里帆
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. TOKIO長瀬、TBS系「ごめん、愛してる」で18年ぶりラブストーリー主演