2017.3.29 10:00(1/5ページ)

忽那汐里「今は猫派」 最新映画で“ねこあつめ”!? 

忽那汐里「今は猫派」 最新映画で“ねこあつめ”!? 

特集:
TOKYO HEADLINE
忽那汐里(撮影・蔦野裕)ヘアメイク・山田典良 スタイリスト・櫻井まさえ 衣装協力・THA BRISK/ザ ブリスク

忽那汐里(撮影・蔦野裕)ヘアメイク・山田典良 スタイリスト・櫻井まさえ 衣装協力・THA BRISK/ザ ブリスク【拡大】

 人気ゲームアプリ「ねこあつめ」を実写映画化した話題の映画『ねこあつめの家』が4月8日いよいよ公開。伊藤淳史演じるスランプ中の小説家を支える若手編集者役を演じるのは『女が眠る時』や『キセキ ―あの日のソビト―』など国内外の作品で存在感を見せる忽那汐里。共演したアイドル猫たちにメロメロに!?

「一人暮らしで忙しい今の状況だとペットを飼うのはなかなか難しいですね。もし飼えるなら猫と犬、両方飼いたいかな。本当は、いつかすごい数の動物たちと一緒に暮らしてみたいなと思っているんです(笑)」と、動物好きを明かす忽那汐里。

「猫もけっこう好きですね。日本に来てから猫好きになったんです。オーストラリアにいたころ、近所で飼われているのはほとんど大型犬で、ノラ猫もあまり見かけなかったんです。トイプードルやチワワのような小型犬もまず見ませんでしたね」

 オーストラリアといえば…まさかノラカンガルーと遭遇したり?

「さすがに家の近くにはいませんでした(笑)。かなり郊外のほうに行かないと野生のカンガルーはいないんです。ただブルータングリザードという爬虫類が勝手に庭に住みついていたことはありました。割と大きいんですけど草食でおとなしいトカゲで。飼っていたわけじゃなかったんですけど、ときどき餌をあげたりしていました。かわいかったです(笑)」

 猫派か犬派かと聞かれたら…?

「やっぱり今は、猫派と答えてしまうかも(笑)。もともとは犬派というか、あまり猫を見かけることが無いので関心が無かったんです。それが、東京で暮らし始めたら、近所にやたらノラ猫が多くて。駅から家までの道に必ず見かける猫が何匹かいたんですが毎日、顔を合わせているとやっぱり愛着がわいてきますね。ときどき撫でたり声をかけたりするようになったら、向こうもなついてしまって(笑)。特に覚えているのが、まんまるのおデブちゃんな猫だったんですけど、本当にかわいい子だったんです。目もクリクリしていて、この映画に出ているアイドル猫たちにも負けないくらいかわいい顔をしているんです。太っているせいか動いているところをほとんど見たことが無かったんですけど、顔なじみになったら私を見るとニャーニャー鳴きながらついてくるようになってしまって。もう、それですっかり猫全般がかわいくなってしまったんです。そうなると普段でも猫を意識するようになり、気づいたらすっかり猫好きになっていました(笑)」

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 忽那汐里「今は猫派」 最新映画で“ねこあつめ”!?