2017.3.21 11:00

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(314)】お笑い界に革命を起こすピン芸人、西村ヒロチョ

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(314)】

お笑い界に革命を起こすピン芸人、西村ヒロチョ

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
メークもばっちり決めている西村ヒロチョ。「今年は種をまく一年にしたい」と前を見据えた=東京・渋谷

メークもばっちり決めている西村ヒロチョ。「今年は種をまく一年にしたい」と前を見据えた=東京・渋谷【拡大】

 西村ヒロチョ(30、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属)★デビュー 2010年

 今回登場するのはピン芸人、西村ヒロチョです。ミュージカル風コントで人気を集め、今年のR-1ぐらんぷりでは準決勝進出。ネタの完成度も年々増しており、ブレークが期待されている。

 --芸人を目指したきっかけは

 「大学で音楽を勉強していて、将来は演奏会とかの舞台演出をやりたかったんです。もっと学ぼうと思って大学院を受験したんですけど落ちてしまって、もともとエンターテインメントには興味があったのとお笑いブームだったので、この世界に飛び込みました」

 --まさか自身が芸人になるとは思わなかった

 「思わなかったですね。でも音楽のライブは1曲終わったら拍手が来るけど、お笑いはリアルタイムで拍手をもらえるじゃないですか。そこは面白いなと思っていましたし、合わなかったら辞めようというくらいの軽いノリで始めました」

 --ネタはミュージカルをアレンジしたコント

 「今は音楽を使って、歌ったり踊ったりしていますけど、最初はバカリズムさんに憧れて知的な一人コントをやっていました」

 --興味があった音楽と笑いを融合させた

 「そうですね。ネタ中に使う曲も自分で全部作っていますし、音楽を使うとスベったときにごまかしやすいですからね(笑)。自分が楽しめるようにやっています」

 --何曲くらい作っている

 「短いのから長い曲まで全部含めれば、100~200曲くらいは作っていますかね。ミュージカル風のネタなので、1つのネタに何曲も入れることもありますから」

 --今年のR-1ぐらんぷりでは準決勝まで進出

 「今まで準決勝に3回出ているのですが、今年は自分の中ですごく手応えがありました。来年に向けてもう動き出していますよ」

 --今年2月に30歳になりました

 「お笑いだけで生活できていないので、今年はお笑い一本で飯を食いたいです(笑)」

 --今年はどんな一年に

 「楽器が好きなので、そういう仕事ももらえるようにしたい。楽器を使える芸人さんってあまりいないと思うんですよ。なので楽器店とコラボしたり、楽器だけを使ったライブもやってみたいですね」

 5月14日午後4時半から東京・渋谷のヨシモト∞ホールで単独ライブ「花~ほほえみ~」を開催。約1年半ぶりの単独を成功させ、ブレークへの道を切り開く!

  • メークもばっちり決めている西村ヒロチョ。「今年は種をまく一年にしたい」と前を見据えた=東京・渋谷
  • メークもばっちり決めている西村ヒロチョ。「今年は種をまく一年にしたい」と前を見据えた=東京・渋谷
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(314)】お笑い界に革命を起こすピン芸人、西村ヒロチョ