2017.3.17 05:04

渡瀬さん主演、4月スタート「警視庁捜査一課9係」代役立てずに放送

渡瀬さん主演、4月スタート「警視庁捜査一課9係」代役立てずに放送

 映画「仁義なき戦い」やドラマ「十津川警部」など人気シリーズで活躍した俳優、渡瀬恒彦(わたせ・つねひこ)さんが14日午後11時18分、敗血症に伴う多臓器不全のため東京都内の病院で死去したことが16日、明らかになった。72歳だった。

 渡瀬さんの主演作で4月スタートのテレビ朝日系「警視庁捜査一課9係」に出演するV6・井ノ原快彦(40)ら共演者は16日、座長を失った悲しみに暮れた。

 同作は2006年スタートの人気刑事ドラマシリーズ。井ノ原は渡瀬演じる同課係長・加納倫太郎の部下、浅輪直樹役で出演し、12年にわたりコンビを組んできた。

 井ノ原は所属事務所を通じ「思い出が多すぎて、今は何を話していいかわかりません。渡瀬さんは僕の同志であり、尊敬する恩師です。これからも変わらず、大好きです」と喪失感を吐露。

 関係者によると、この日の撮影は哀悼の意を込めて急きょ中止。共演の羽田美智子(48)は現場に向かう途中に中止を知り、この撮休を利用して追悼コメントを執筆。「渡瀬さんの不在はやっぱり寂しいです、と手紙を書こうとしていた矢先の突然の訃報。渡瀬さんのことが大好きで悲しいです」としのんだ。

 テレビ朝日はこの日、同作について「放送予定に変更はございません」と発表。1、2話は井ノ原を“主演”に撮影済みで、3話以降は渡瀬さんの代役を立てずに台本を修正する。また、渡瀬さんの遺作となる同局系2夜連続ドラマ「そして誰もいなくなった」(25、26日放送、後9・0)も予定どおり放送される。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 渡瀬さん主演、4月スタート「警視庁捜査一課9係」代役立てずに放送