2017.2.17 19:42

金正男氏殺害はフグ毒の可能性も 逮捕した女のバッグから猛毒入り瓶を押収

金正男氏殺害はフグ毒の可能性も 逮捕した女のバッグから猛毒入り瓶を押収

 北朝鮮の金正男氏がクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マレーシア警察は17日、逮捕した女の容疑者2人を立ち会わせ空港で実況見分を行った。2人を実行犯と断定したもようだ。一方、マレーシア紙・星洲日報(電子版)は、警察がベトナム旅券を所持した女のバッグの中にあった猛毒入りの瓶を押収したと報道した。

 星洲日報によると、毒物は猛毒リシンか、フグ毒のテトロドトキシンの可能性がある。韓国政府関係者は猛毒の神経剤VXの可能性を指摘しており、警察は司法解剖の結果を踏まえ、犯行に使われた毒物の特定を急ぐ。

 正男氏の遺体はクアラルンプールの病院に安置されている。マレーシア警察当局者によると北朝鮮は16日、マレーシア外務省に遺体引き渡しを正式に要請。マレーシアは死因を特定後に引き渡すとしており、来週以降となる可能性もある。(共同)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 金正男氏殺害はフグ毒の可能性も 逮捕した女のバッグから猛毒入り瓶を押収