2017.2.17 17:12

清水富美加、告白本で過去の自殺願望明かす「傷は残ってます」

清水富美加、告白本で過去の自殺願望明かす「傷は残ってます」

清水富美加

清水富美加【拡大】

 宗教団体「幸福の科学」に出家した女優、清水富美加(22)の告白本「全部、言っちゃうね。」が17日に発売された。法名の「千眼美子」名義で、本人がインタビューに応える形で制作されたが、自筆とみられる前書きで「遺書を書くような思い」を託したと記した著書では、自殺未遂の過去が明かされた。

 清水の一人称で書かれた著書によると、死にたいと考え始めたのは7年前の15歳の頃。水着での仕事がきっかけだという。そして、16歳の誕生日に「死のうとしてガムテープを口と鼻に貼ったんです」と自殺を企てたことを明かした。

 高校2年の夏頃には、いつでも自殺できるように自室の引き出しに大きなカッターをしまっていて、実際に自身の腕を切りつけた過去もつづられており、「傷は今も右手首に残ってます」と明かした。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 清水富美加、告白本で過去の自殺願望明かす「傷は残ってます」