2017.2.17 15:51

船村徹さん訃報に細川たかしらが追悼コメント「感謝の一言」

船村徹さん訃報に細川たかしらが追悼コメント「感謝の一言」

細川たかし

細川たかし【拡大】

 「王将」「矢切の渡し」「みだれ髪」などのヒット曲を生み出し、5500曲以上を手がけた戦後の歌謡界を代表する作曲家の船村徹(ふなむら・とおる、本名・福田博郎=ふくだ・ひろお)さんが16日、神奈川県藤沢市の病院で死去した。84歳だった。訃報を受け、船村さんに楽曲提供を受けた歌手、細川たかし(66)らが17日、コメントを発表した。

 細川は「船村先生とは先月1月18日先生のパーティーでお会いしたのが最後となってしましました。先生からは『矢切の渡し』という名曲を提供していただき感謝の一言です。私にとって先生との出会いは本当に素晴らしいことでした。ご冥福をお祈りいたします」と悼んだ。

 伍代夏子(55)は「念願の船村メロディーを頂き、頑張っている矢先の悲報。まだまだ先生の作品を歌わせて頂きたかったです。心よりご冥福をお祈り申し上げます」と悲しみのコメント。五代は1月25日に船村さん作曲の「肱川あらし」を発売したばかりだった。

 大月みやこ(70)は「突然の訃報にぼう然と致しております。お元気でお過ごしと伺っておりましたのに…。本当に残念でなりません。昭和58年に『女の港』で私自身の歌世界を作り上げていただいて以来、私の大切な恩人として長く敬愛申し上げておりました。今は、ただただご冥福をお祈りするばかりです」と追悼した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 船村徹さん訃報に細川たかしらが追悼コメント「感謝の一言」