2017.2.17 05:02

中谷美紀、宇宙創生を“語る”!仏独米合作映画で洋画の語り初挑戦

中谷美紀、宇宙創生を“語る”!仏独米合作映画で洋画の語り初挑戦

洋画本編の語りに初挑戦した中谷美紀。優しい声で、神秘の世界へ観客をいざなう

洋画本編の語りに初挑戦した中谷美紀。優しい声で、神秘の世界へ観客をいざなう【拡大】

 女優、中谷美紀(41)が、仏独米合作ドキュメンタリー映画「ボヤージュ・オブ・タイム」(3月10日公開)で日本語版の“語り”を務めることが16日、分かった。

 宇宙創生と生命の歩みを描く作品で、巨匠、テレンス・マリック監督(73)が40年のライフワークの集大成とする渾身作。製作にはブラッド・ピット(53)も名を連ね、オリジナル版の語りはオスカー女優のケイト・ブランシェット(47)が担当する。

 日本の配給側は、本国に負けない日本版の声として、作品への理解力、人を包み込む声質と豊かな表現力を兼ね備えた中谷を抜てき。過去の出演作を通して声を確認した監督から「ピッタリだ」と太鼓判を押された。

 中谷は洋画本編の語りに初挑戦し、「声のトーンには非常に気を使いました。各場面で微妙な表現が求められ、緊張しました」と振り返った。

 中谷の優しい声が、作品をより豊かに彩る。

  • 映画「ボヤージュ・オブ・タイム」日本語版語りを務めた中谷美紀
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 中谷美紀、宇宙創生を“語る”!仏独米合作映画で洋画の語り初挑戦