2017.2.16 16:23

ベビーカーで嫌な思い57%、最多は電車内 子育て中の母親調査

ベビーカーで嫌な思い57%、最多は電車内 子育て中の母親調査

 邪魔者扱いを受けたり舌打ちされたりした-。ベビーカーを利用していて「嫌な思い」をしたことがある人が56・8%に上ることが16日、子育て中の母親を対象にした調査で分かった。一方で、4・2%は「(電車などでの利用に)反対する人に共感する」と回答。傲慢な態度の母親らも一部いるとの意見もあり、調査の担当者は「子連れの外出を温かく受け入れる風潮を広げるには、利用時のマナーも欠かせない」と話している。

 調査は、ベビーシッター仲介事業などを手掛ける「キッズライン」がインターネットで1月14~16日に実施し、340人から回答を得た。

 嫌な思いを経験したと回答した人に、その場所を聞くと(複数回答)、最多は電車内(59・3%)で、駅構内(50・0%)、エレベーター(46・4%)と続いた。具体例では「エレベーターで乗せてもらえず邪魔者扱い」が21・2%、電車やバス内での「舌打ち」は18・1%。「ベビーカーを蹴られた」「バス運転士に迷惑そうな言動をされる」経験もあった。

 腰痛などで子どもを抱えるのが大変といった事情に、周囲の配慮を求める声も寄せられた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. ベビーカーで嫌な思い57%、最多は電車内 子育て中の母親調査