2017.2.16 18:00

ペギー葉山、キングオールスター歌謡パレードで熱唱 「今の時代、歌の存在がいちばん大事」

ペギー葉山、キングオールスター歌謡パレードで熱唱 「今の時代、歌の存在がいちばん大事」

開演前に記念撮影に応じた左から大月みやこ、小宮惠子、ペギー葉山、大津美子

開演前に記念撮影に応じた左から大月みやこ、小宮惠子、ペギー葉山、大津美子【拡大】

 歌手、ペギー葉山(83)が16日、東京・中野サンプラザで開催されたキングレコードの所属歌手が勢ぞろいするスペシャル公演「キング オールスター歌謡パレード」に出演した。

 ペギーはオープニングで登場し「南国土佐を後にして」を熱唱。そこに次々と大月みやこ(70)、芹洋子(65)、神野美伽(51)、角川博(63)らが加わり総勢39人による迫力の大合唱となった。

 開演前に出演者を代表してあいさつに立ったペギーは「私がデビューした頃は精鋭の皆様が並んでいらして私は隅っこで小さくなっていました。きょうは私が真ん中でいいのかしら」と笑わせ、「今の時代、歌の存在がいちばん大事なのでは。素晴らしい歌を掘り起こして歌っていくことがとても大事だと思います」と力説。大月も「歌は力を与えられる。観客の皆様が素晴らしいファイトを持って帰って頂けると信じています」と笑顔で語った。

 一方、年少組に入る韓国出身の歌手、パク・ジュニョン(34)は「ここにぼくの席があるのがうれしいこと。素晴らしい先輩の皆様とご一緒に、キングレコード創業100周年まで成長していきたい」と飛躍を誓った。

 この日の公演は総勢39人が出演し計59曲を4時間かけて披露、2000人の観客を魅了した。同公演は3回目で、今回は山野楽器創業125周年とキングレコード創業85周年を記念して開催された。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ペギー葉山、キングオールスター歌謡パレードで熱唱 「今の時代、歌の存在がいちばん大事」