2017.2.16 11:22

篠原信一、ネット使った確定申告を模擬体験「操作も簡単で便利でした」

篠原信一、ネット使った確定申告を模擬体験「操作も簡単で便利でした」

インターネットを使った確定申告の模擬体験をする篠原信一=奈良市

インターネットを使った確定申告の模擬体験をする篠原信一=奈良市【拡大】

 2016年分の所得税の確定申告受け付けが始まった16日、00年のシドニー五輪柔道男子100キロ超級の銀メダリスト篠原信一(44)が、奈良納税協会(奈良市)でインターネットを使った申告の模擬体験をし、「複雑でややこしいイメージがありましたが、操作も簡単で便利でした」と感心していた。

 国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を利用して申告書を作成。税務署職員の説明を聞きながら氏名などを入力し、数分で記入を終えた。

 篠原は神戸市出身。12年のロンドン五輪では男子の日本代表監督を務め、現在はタレントとしても活動する。税金の使途については「東京五輪があるので、スポーツ振興。それから、子どもたちがすくすくと育ってくれるよう教育にも使ってほしい」と強調した。

 所得税の確定申告には今年からマイナンバーの記載が必要になった。受け付けは3月15日まで。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 篠原信一、ネット使った確定申告を模擬体験「操作も簡単で便利でした」