2017.2.3 20:50

小学校の校庭で軽ワゴン車が暴走 児童にけがなし、東京

小学校の校庭で軽ワゴン車が暴走 児童にけがなし、東京

 3日午前11時5分ごろ、東京都多摩市貝取3丁目の市立貝取小で、軽ワゴン車が校門の門扉を倒すなどした上、校庭を暴走した。警視庁多摩中央署によると、校庭では当時、約50人の児童が授業を受けていたが、逃げたためけが人はなかった。

 軽ワゴン車は、貝取小に荷物を配達に来た70代の男性が運転していたが、校門を開けるために停車して降りた直後に無人のまま動きだした。多摩中央署はシフトレバーがドライブに入ったままだったとみて、男性から経緯を聴いている。

 男性は車を止めようと運転席に乗り込んだが、誤ってアクセルを踏み込んだとみられ、車は逆に加速。男性はその際に振り落とされ、肩などに軽いけがをした。車は約100メートル走ってポールにぶつかり停車した。

 同署によると、男性は「なぜ暴走したのかよく分からない」と話している。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 小学校の校庭で軽ワゴン車が暴走 児童にけがなし、東京