2017.1.14 05:03(1/2ページ)

市原悦子、入院していた…昨年11月初旬から「自己免疫性脊髄炎」

市原悦子、入院していた…昨年11月初旬から「自己免疫性脊髄炎」

昨年11月初旬から体調不良のため東京都内の病院に入院していることが分かった市原悦子

昨年11月初旬から体調不良のため東京都内の病院に入院していることが分かった市原悦子【拡大】

 女優、市原悦子(80)が昨年11月初旬から体調不良のため東京都内の病院に入院していることが13日、分かった。所属事務所が発表した。検査の結果、自己免疫性脊髄炎と診断され、5月復帰を目標に治療に専念する。

 市原は昨年11月初旬、ふらつきや手足に力が入らないなどの体調不良を訴えたため入院。精密検査を受け、そのときは急性脊髄炎と診断された。その後、治療を続ける中で、12月半ばに自己免疫性脊髄炎であることが判明したという。

 当初は今年初めから仕事復帰する予定だった。が、今回の診断と高齢であることを考慮し、病院側の入院治療がまだ必要との判断もあって、現在も入院している。病院側は「4~5月にかけて日常生活に戻れそう」との見通しを立てており、5月復帰を目指している。

 昨年11月から講演会の仕事が数本あったが、すべてキャンセルし、ドラマや舞台などの仕事は入っていなかった。また、昨年11月14日のテレビ朝日系「山田太一ドラマスペシャル『五年目のひとり』」の試写会イベントと、今月10日のNHK BSプレミアムドラマ「朗読屋」(18日放送、後10・0)の試写会を、風邪を理由に欠席していた。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 市原悦子、入院していた…昨年11月初旬から「自己免疫性脊髄炎」