2017.1.13 08:21

ひき逃げ容疑車両が盗まれる…署員がトイレへ行っていた隙に、愛知県警港署

ひき逃げ容疑車両が盗まれる…署員がトイレへ行っていた隙に、愛知県警港署

 12日午後6時ごろ、名古屋市港区小割通3丁目の駐車場で、ひき逃げ事件を起こした車として愛知県警港署が保管していた軽乗用車が盗まれた。監視中の署員がトイレへ行っていた隙に何者かが乗って逃げたとみて、港署が窃盗事件として調べている。

 署によると、車は11日午後6時10分ごろ、港区でミニバイクの男性(24)に軽傷を負わせて逃走。約50分後、署が駐車場で施錠された状態の車を見つけた。

 車を港署へ移動させるためレッカー車を待つ間、署員が10分ほどトイレに行き、戻ると車がなくなっていた。

 車は金色で三重ナンバーという。ひき逃げ事件当時、所有者とは別の人が運転していたが、特定できていない。

 署は「監視の問題点について、今後検証する」とし、ひき逃げと窃盗の二つの事件で捜査している。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. ひき逃げ容疑車両が盗まれる…署員がトイレへ行っていた隙に、愛知県警港署