2017.1.13 19:28

稲田防衛相の夫、二審も敗訴…週刊新潮で「世間を知らない弁護士バカ」

稲田防衛相の夫、二審も敗訴…週刊新潮で「世間を知らない弁護士バカ」

 稲田朋美防衛相への取材を巡り、週刊新潮の記事で「弁護士バカ」と書かれ、名誉を傷つけられたとして、夫で弁護士の龍示氏が発行元の新潮社に500万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁(中村哲裁判長)は13日、一審に続き請求を棄却した。

 記事は2015年4月9日号に掲載。当時自民党政調会長だった稲田防衛相が選挙区内で日本酒を配ったなどとして公選法に違反する可能性を報じた内容だった。さらに龍示氏が同誌に対し、民事訴訟や刑事告訴に踏み切ると通知したのを「どう喝だと気付かないのなら、世間を知らない弁護士バカ以外の何ものでもない」と記した。

 中村裁判長は判決理由で「公共性の高い職業である弁護士として行った以上、評価や批評の対象とされることはやむを得ない」と指摘。「弁護士バカ」の表現も「人身攻撃を目的としておらず、論評の域を脱しない」と結論付けた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 稲田防衛相の夫、二審も敗訴…週刊新潮で「世間を知らない弁護士バカ」