2017.1.13 05:04

小栗旬&西島秀俊「CRISIS」、ドラマ化困難も5年越しで実現

小栗旬&西島秀俊「CRISIS」、ドラマ化困難も5年越しで実現

 俳優、小栗旬(34)が、4月スタートのフジテレビ系「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(仮題、火曜後9・0)で2年半ぶりに連ドラ主演することが12日、分かった。警察庁警備局長直轄の秘密部隊が巨悪に立ち向かう物語で、同僚役の西島秀俊(45)とは民放連ドラ初共演。劇中で特捜班が立ち向かうのは、政治家殺害をたくらむテロリストや新興宗教団体、軍事スパイ、麻薬密売組織など。扱う題材や映画並みの激しいアクションの連続でドラマ化は難しいとされてきたが、5年越しで企画が実現した大作だ。小栗と西島は極限の演技の連続だといい、制作側は「視聴者はあたかも特捜班の一員になった気分でハラハラドキドキを味わえます」と太鼓判を押していた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 小栗旬&西島秀俊「CRISIS」、ドラマ化困難も5年越しで実現