2017.1.11 15:29

松重豊、深夜ドラマをゆる~くPR 「『くだらない、なんだこれ?』みたいな感じで楽しんで」

松重豊、深夜ドラマをゆる~くPR 「『くだらない、なんだこれ?』みたいな感じで楽しんで」

テレビ東京系「バイプレイヤーズ もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」の制作発表に出席した左から遠藤憲一(パネル)、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研=東京・六本木

テレビ東京系「バイプレイヤーズ もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」の制作発表に出席した左から遠藤憲一(パネル)、大杉漣、田口トモロヲ、寺島進、松重豊、光石研=東京・六本木【拡大】

 俳優の遠藤憲一(55)、大杉漣(65)ら、田口トモロヲ(59)ら“名脇役”で知られるベテラン6人が主演するテレビ東京系「バイプレイヤーズ もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら」(13日スタート、金曜深夜0・12)の制作発表が11日、東京都内で行われた。

 実名で登場する6人がゆるい雰囲気で共同生活をするコメディー。田口は撮影の様子について、「おっさんたちの部活」と表現。続けて「撮影が終わって飛び込みで居酒屋に入って、みんなが同時にしゃべり出して…。会計は割り勘で、ひとり3000円ベースに抑えてます」とリアルに説明。これに大杉が「毎回、そのときの会話の内容、誰も覚えてないしね」と続けて笑わせた。

 松重豊(53)は「テレ東の深夜ドラマはエッジが効いている。今回も『くだらない、なんだこれ?』みたいな感じで楽しんでほしい」とゆる~くPR。ほかに寺島進(53)、光石研(55)が出席した。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 松重豊、深夜ドラマをゆる~くPR 「『くだらない、なんだこれ?』みたいな感じで楽しんで」