2017.1.7 22:04

中居正広、スマスマ最終回の『世界に一つだけの花』は「今までで一番繊細に当てにいった」

中居正広、スマスマ最終回の『世界に一つだけの花』は「今までで一番繊細に当てにいった」

特集:
SMAP解散

 昨年末をもって解散したSMAPの中居正広(44)が7日放送の、フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!勝ち負けだけじゃねえ新春大仰天スペシャル」(後6・30)にサプライズ出演した。

 中居は鳥人間としてニワトリの着ぐるみを着た状態で各コーナーに参加しており、着ぐるみの人物が誰なのかが注目を集めていたが、番組終盤で鳥人間の正体が中居だったことが判明した。まさかのサプライズはSNSでも大きな反響を呼んでおり、 Yahoo!でも「めちゃイケ」が話題のキーワード1位に急浮上した。

 中居は番組冒頭から“鳥人間”として番組冒頭から出演。視覚・嗅覚なしで料理名を当てる「シンクロナイズドテイスティング」のコーナーでは、ビジュアル系エアバンド、ゴールデンボンバーのパフォーマンスに巻き込まれて氷水のプールに落下。「この鳥人間の中には誰が入っているでしょうか? 氷水に仰天した正体は番組後半に発表」というテロップが流され、注目を煽った。

 番組終盤、「自分が誰かわかる最終ヒント」を求められた“鳥人間”中居は極楽とんぼの山本圭壱(48)の特技やしぐさを真似た。それに勘違いした相方、加藤浩次(47)が「お前、何をこすいまねやってんだ!」と激怒し、鳥人間をぶん投げた。すると、ニワトリの首が外れ、中から中居が。驚がくする出演者たちに、中居は「サプライズだよ。早く(着ぐるみ)取らせろよ。収録が長ぇんだよお前ら」とボヤいた。

 番組の最後には男性デュオ、ゆずが描き下ろした同番組の新テーマ曲にのってダンスを披露した。

 その後、お笑いコンビ、ナインティナインの矢部浩之(45)が昨年12月26日に放送されたフジテレビ系「SMAP×SMAP」最終回について言及。「スマスマの最終回も感動的だったんですよ。感動的だったんですけど…みんな忘れてるんですけど、歌下手なんですよ。そこブレへんよね。下手なんわ」と「世界に一つだけの花」歌唱シーンでの中居の歌声をイジった。

 中居は「あの日一番(音程を)当てにいったんだよ。今までで一番繊細に当てにいった」と熱弁。しかし、結果は「ひとっつも当たんなかった」とオトして笑わせた。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 中居正広、スマスマ最終回の『世界に一つだけの花』は「今までで一番繊細に当てにいった」