2016.12.22 11:00

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(226)】上から目線のいい女。謎の女性芸人、ブルゾンちえみ

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(226)】

上から目線のいい女。謎の女性芸人、ブルゾンちえみ

海外セレブに憧れる女性ピン芸人ブルゾンちえみ=東京・神宮前

海外セレブに憧れる女性ピン芸人ブルゾンちえみ=東京・神宮前【拡大】

 ブルゾンちえみ(年齢非公表、ワタナベエンターテインメント所属) ★デビュー・2015年

 リスペクトするファッションデザイナー、コシノジュンコ氏を意識したメークの謎の女性芸人、ブルゾンちえみ。キャリアウーマンや女性外科医、デザイナーなどになりきり、恋愛ができない女性らへ上から目線でアドバイスをするネタで笑わせる。

 --芸人になったきっかけは

 「タレントになりたくて(お笑い養成所の)ワタナベエンターテイメントカレッジのバラエティタレントコースに入学しました。ある日、講師の方に『テレビのバラエティー番組にすぐにでも出演したい』とアピールしたら、『じゃあ、芸人になるのが一番手っ取り早い』と言われたので興味がわき、芸人へ路線変更しました」

 --卒業後、いきなりお笑いデビュー。ネタ作りとかは大丈夫だった

 「授業は、演技や歌のほかにネタ作りの勉強もありましたので、大丈夫でした。でも、私がお笑いの人になるとは思ってもみませんでした」

 --芸能界には憧れていた

 「父が岡山県の小学校で先生をやっています。だから、私も教員を目指して島根大教育学部に入学しましが、3年生で中退。少し岡山に帰ったあとに上京しました」

 --教師でもあるお父さんからの、お笑いという仕事に対する理解は大丈夫なの

 「家族は応援してくれます。両親は1分ネタのライブでも岡山から東京へ応援に来てくれます」

 --とても濃いメークですが

 「日本人男性からは悪評でしょう。コシノジュンコさんに憧れていて、8月に行われたコシノさんのバースデーパーティーでお会いしまして、自信がつきました」

 --自信がついたとは

 「青山のコシノさんのお店へ行ったとき、パーティーのチラシが置いてあったので、出席しました。そこで、あいさつをすることができまして。コシノさんから『メークも髪形もチャーミングね』とお褒めの言葉をいただきました。もう夢のようですね」

 --目標は

 「バラエティーに出ることですね。将来は、海外セレブみたいに化粧品のプロデュースをしたいですね。売れたら、衣装など自分の身の回りにお金を使いたい」

 27日にフジテレビの若手芸人発掘番組「新しい波24」(深夜0・20)に出演。また、毎月1回、東京・表参道GROUNDで行われるワタナベエンターテインメントの事務所ライブ「ニューカマーライブ」にレギュラー出演している。独特の色香をふりまく謎の女性芸人は必見だ。

くらぼん

1967(昭和42)年11月22日生まれ、48歳。東京都国立市出身。83年にハンドボールの名門、明星高(東京)に進学し、インターハイ、春の選抜全国大会に出場。86年、明大に入学し、体育会ハンドボール部で合宿所生活を送る。91年産経新聞社入社。夕刊フジ営業局広告部を振り出しにサンスポ営業局事業部などを経て現在、同編集局文化報道部芸能担当。趣味はゴルフ、音楽鑑賞(洋邦ロックのみ)。独身。血液型A。

  • 海外セレブに憧れる女性ピン芸人ブルゾンちえみ=東京・神宮前
  • 海外セレブに憧れる女性ピン芸人ブルゾンちえみ=東京・神宮前
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(226)】上から目線のいい女。謎の女性芸人、ブルゾンちえみ