2016.12.2 17:19

漂着船から人骨計8人分見つかる…京都・舞鶴、外国漁船か

漂着船から人骨計8人分見つかる…京都・舞鶴、外国漁船か

 京都府舞鶴市内の海岸で11月30日に見つかった木造船を調べていた舞鶴海上保安部は2日、船内や漂着現場付近の海底から新たに6人分の頭蓋骨や骨盤などが見つかったと明らかにした。これとは別に、近くの海底から一部白骨化した2人分の遺体が見つかっている。

 同保安部によると、船はエンジン付きで、全長12メートル、幅3・1メートル。船内や付近の海底からは北朝鮮の紙幣のようなもののほか、ハングルや中国語が書かれたライフジャケット、イカ釣り用のルアーなどが見つかったという。

 同保安部は、船が北朝鮮や中国の漁船の可能性もあるとみて、漂着の経緯を調べている。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 漂着船から人骨計8人分見つかる…京都・舞鶴、外国漁船か