2016.12.2 11:22(1/2ページ)

中村勘九郎、初舞台を控える長男&次男にみせた「とうちゃま」ぶり/芸能ショナイ業務話

中村勘九郎、初舞台を控える長男&次男にみせた「とうちゃま」ぶり/芸能ショナイ業務話

特集:
芸能ショナイ業務話
歌舞伎座「二月大歌舞伎」で演目「門出二人桃太郎」の縁の地を訪ね初舞台の成功祈願をおこなった手前から波野哲之くん、波野七緒八くん、父の中村勘九郎=香川県高松市女木町

歌舞伎座「二月大歌舞伎」で演目「門出二人桃太郎」の縁の地を訪ね初舞台の成功祈願をおこなった手前から波野哲之くん、波野七緒八くん、父の中村勘九郎=香川県高松市女木町【拡大】

 5日に4度目の命日を迎える歌舞伎俳優、中村勘三郎さんの孫、波野七緒八くん(5)と哲之くん(3)の初舞台のイベントでの話。

 来年2月2日、東京・歌舞伎座で初日を迎える「猿若祭二月大歌舞伎」で、七緒八くんが三代目中村勘太郎、哲之くんは二代目中村長三郎を名乗り、初舞台を踏みます。

 演目の「門出二人桃太郎(かどんでふたりももたろう)」にちなみ、11月24日は通称、鬼ケ島と呼ばれる高松・女木島、岡山の吉備津神社、同27日には浅草寺で成功祈願を行いました。

 さかのぼること5月には長野・松本での田植え、10月には稲刈りで舞台の成功祈願をしています。

 外のイベントで運任せ、まさに天任せ、なのがお天気ですが、この4回ともピーカン。

 2人の父で勘三郎さんの長男、中村勘九郎が「父はものすごい晴れ男。その瞬間だけ、ですが」とそこに「孫パワー」が加わるのですから、無敵でしょう。

 コラムでは、勘九郎さんの「とうちゃま」ぶりを少しだけ紹介します。

 「門出-」は、勘九郎さんと七之助さんにとっても30年前に踊った舞踊劇。1986年には、勘九郎さん、七之助さんも鬼ケ島を訪れ、成功祈願をしています。その際、鬼の面をかぶった勘三郎さんから、おどかされ、今回、七緒八くんと哲之くんに“リベンジ”しましたが、哲之くんに刀で“退治”される一幕もありました。よき父の顔を見せてくれました。

 なかでもはっとしたのが、元気いっぱいの七緒八くんと哲之くんへのしつけ。

 吉備津神社でのこと。舗装された道の脇にある砂利の敷き詰められたところを七緒八くんが歩き、その砂利が舗装された部分に数個、飛び出ると「そこは歩く所じゃ、ありません。石を元に戻しなさい」。全て戻し終わるまで、立ち止まって待っていました。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 中村勘九郎、初舞台を控える長男&次男にみせた「とうちゃま」ぶり/芸能ショナイ業務話