2016.12.2 05:04(1/3ページ)

中村吉右衞門が28年間の思いを語る 「鬼平犯科帳」ファイナル

中村吉右衞門が28年間の思いを語る 「鬼平犯科帳」ファイナル

多くのファンを魅了した中村吉右衞門の“鬼平”

多くのファンを魅了した中村吉右衞門の“鬼平”【拡大】

 平成の年号とともに産声を上げた人気シリーズが通算150本目でファイナルを迎える。2、3日と前後編で放送される「鬼平犯科帳 THE FINAL」(後9・0、フジテレビ系)。

 江戸時代後期に盗賊、凶賊たちから「鬼の平蔵」と恐れられた火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)長官、長谷川平蔵を描いた池波正太郎の同名小説。1989年7月に中村吉右衛門(72)主演でドラマはスタートしたが、「鬼平さんをはつらつと演じられるうちにフィナーレを迎えるのが最善」(吉右衞門)との考えから有終の美を飾ることになった。吉右衞門が28年間にわたる鬼平への思いを語る。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 中村吉右衞門が28年間の思いを語る 「鬼平犯科帳」ファイナル