2016.12.2 16:34

AKB横山由依、高速バスに駆け出しのころを思い出す 「帰りのバスですごいへこんで、悔しくて…」

AKB横山由依、高速バスに駆け出しのころを思い出す 「帰りのバスですごいへこんで、悔しくて…」

特集:
AKB48
JR高速バスドリーム号のアンバサダーに就任した横山由依

JR高速バスドリーム号のアンバサダーに就任した横山由依【拡大】

 AKB48総監督の横山由依(23)が京阪神と東京を結ぶ「JR高速バス ドリーム号」のアンバサダーに就任した。

 京都府出身の横山は2009年にAKBに研究生として加入前の候補生時代、レッスンのために京都から東京まで通う際にドリーム号を使っていたことから、アンバサダーに起用された。

 横山は「レッスンで周りの子がみんなできてたりするから、帰りのバスですごいへこんで、悔しくて…。通う時間が長い分、みんなはこの時間家で練習してるんやろなと思った」と懐古。

 バスの中でダンスの立ち位置を表で確認してイメージトレーニングしていたといい、「(バスの中でレッスンができない)この時間がみんなに負けていると思えたから頑張れたかもしれないですね」と駆け出しのころに思いをはせた。

 スペシャルサイトは、http://www.jrbus-dreamgo.jp/

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. AKB横山由依、高速バスに駆け出しのころを思い出す 「帰りのバスですごいへこんで、悔しくて…」