2016.12.1 05:00

【木10魂】「シェフ~三ツ星の給食~」(秘)話、300キロ巨大オーブン運搬で腰痛になるスタッフ続出

【木10魂】

「シェフ~三ツ星の給食~」(秘)話、300キロ巨大オーブン運搬で腰痛になるスタッフ続出

 連続ドラマも後半に入ると、俳優もスタッフも疲労が蓄積してくる。マスクをしたり、予防注射を打ったり、ビタミン剤を飲んだりと、おのおの風邪の対策を講じているが、先日の撮影の後、スタッフが次々と意外な病に倒れた。ぎっくり腰である。

 何があったのか、と聞くと、今夜放送の7話に登場する「秘密兵器」が深く関係していることが判明した。コンビオーブンである。

 今夜は、給食で水が使えないハプニングを、光子と荒木たちが団結して乗り越えるというストーリーだ。その中で、大量にトーストとグラタンを作るシーンが出てくる。ここで活躍するのがコンビオーブンだ。

 8枚の食パンが並べられるプレートが20段重ねられた巨大なオーブンで、重さは300キロを超える。これを10人でトラックから降ろして調理室の現場に運んだのだが、あまりの重さに腰痛になるスタッフが続出。

 10分で160枚のトーストを焼き上げる秘密兵器の代償はあまりに大きく、腰を曲げたスタッフが現場でよろよろと歩き回るのを見て、この苦労を視聴者の方にも、ぜひ、分かっていただけたらと思う。 (長部聡介プロデューサー)

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【木10魂】「シェフ~三ツ星の給食~」(秘)話、300キロ巨大オーブン運搬で腰痛になるスタッフ続出