2016.11.30 16:32

タクシー会社「チェッカーキャブ」がASKA容疑者の映像提供を認め謝罪

タクシー会社「チェッカーキャブ」がASKA容疑者の映像提供を認め謝罪

特集:
ASKA容疑者

 東京都内の無線タクシーグループ「チェッカーキャブ」が公式サイトで30日、覚せい剤取締法違反(使用)容疑で逮捕された歌手、ASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)が逮捕直前にタクシーで帰宅している際の社内映像がテレビで報じられている件で声明を発表し、映像はチェッカーキャブの加盟社が提供したものであることを認めた上で謝罪した。

 同グループはドライブレコーダーについて「安全・安心」を高める目的で使用しているとしており、事故やトラブルなどの究明などに活用し、記録映像は運行管理統括部長などの管理者が厳重に管理しているという。外部への映像提供は、刑事訴訟法の規定に基づく捜査機関からの文書による照会などといった場合のみという。

 しかし、チェッカーキャブは「この度のチェッカーキャブ加盟会社の車内映像がテレビ等マスコミ各局にて放送されている事態について」と題した文章で見解を発表。「現在、マスコミ各社にて放送されている映像は、当グループ加盟の1社よりマスコミへ提供されたものございます」と認めた上で、同グループが規定している映像提供の事案には当たらないとした。その上で「映像提供を行った社に対しては、グループとして厳罰をもって対応し、記録映像の管理徹底を図らせる所存であります」と説明した。

 続けて「放送された映像の関係者の皆様におかれましては、大変なご迷惑とご心配をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます。また、平素よりチェッカーグループをご利用いただいております皆様におかれましても、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを重ねてお詫びいたします」と謝罪した。

 最後に「当グループでは、これまでも記録映像にあたっては、加盟各社に対し厳格な取り扱いを求め情報管理の徹底に努めてまいりましたが、このような映像提供が発生したことを踏まえ、今後は更なる厳格化をはかって再発防止に全力で取り組んでまいります」とコメントした。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. タクシー会社「チェッカーキャブ」がASKA容疑者の映像提供を認め謝罪