2016.11.30 05:03

西城秀樹、26年ぶりFNS歌謡祭に感激「ずっと歌い続けたい」

西城秀樹、26年ぶりFNS歌謡祭に感激「ずっと歌い続けたい」

FNS歌謡祭に26年ぶりに復帰する西城秀樹。中高年ファンを元気づけそう

FNS歌謡祭に26年ぶりに復帰する西城秀樹。中高年ファンを元気づけそう【拡大】

 歌手、西城秀樹(61)が年末恒例のフジテレビ系大型音楽特番「FNS歌謡祭」に1990年以来、26年ぶり11回目の出演をすることが29日、分かった。

 56歳だった2011年に2度目の脳梗塞を発症して以降、ダメージを受けた神経の再生トレーニングに励む日々。現在も右半身のまひと会話する際の言語障害は残るが、「歌うことは生きること」を信条に、年平均55本以上のライブをエネルギッシュにこなしている。

 テレビの歌番組は、2014年8月に放送されたNHK「第46回思い出のメロディー」以来、2年4カ月ぶりだ。

 今回のFNS歌謡祭は12月7日と14日の2週連続で午後7時から生放送され、計8時間半超で総勢110組以上が出演する。西城は7日に出演し、ヒット曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」を披露する。

 西城は「時の早さを感じますが、歌手デビュー45周年の今年、再び出演できることをとてもうれしく思います。応援してくださる皆様のおかげです。これからもずっと歌い続けたい」とコメントした。

  • FNS歌謡祭に26年ぶりに復帰する西城秀樹。中高年ファンを元気づけそう
今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 西城秀樹、26年ぶりFNS歌謡祭に感激「ずっと歌い続けたい」