2016.11.29 17:03(1/2ページ)

ASKA容疑者、尿検査「最初拒んだ」 逮捕前『ミヤネ屋』への電話公開

ASKA容疑者、尿検査「最初拒んだ」 逮捕前『ミヤネ屋』への電話公開

特集:
ASKA容疑者
自宅から警視庁の警察車両に乗り込んだASKA容疑者=28日午後、東京都目黒区

自宅から警視庁の警察車両に乗り込んだASKA容疑者=28日午後、東京都目黒区【拡大】

 覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された歌手のASKA(本名・宮崎重明)容疑者(58)が逮捕前の28日午後4時ごろ、日本テレビ系「情報ライブミヤネ屋」(月~金曜後1・55)と電話でやりとりした様子が29日、同番組内で公開された。

 28日の番組終了後に芸能リポーターの井上公造氏(59)がかけた電話に「もしもし。公造さん、どうも。びっくりしましたやんか」と切り出したASKA容疑者。井上氏から電話をかわったメインキャスターの宮根誠司(53)に「初めまして、どうも」とあいさつし、番組中に逮捕の方針が出たことを告げられると、「びっくりですよ。僕、寝てたんですよ。電話がバンバン入るので、何だろうなと思って電話出たら、テレビ見てってことでテレビ見てびっくりしたんですよ」と状況を説明した。

 続けて、宮根の言葉をさえぎるように「金曜日にアカウントを週に2回乗っ取られて、相手も大体特定できてるんですよ。それでもう我慢できないので、サイバー課を紹介してくれって電話したんですよ」と警察に連絡したことを明かし、「警察が来られたかなと思ったら、その後、前の麻薬の刑事の方が来られて尿検査してくれって言うので、最初拒んだんですけど、僕は被害者なのになぜここでやられるのか。『警察署に来てくれ』って言うんですけど、それはできないと。警察署に行った場合、そこで写真撮られたらそれだけの記事になるので。やるんだったら、今この部屋でやってくれってことになったんですよ。で、部屋で(尿検査を)やって、僕は100パーセント自信もありますので、その尿を持って行かれて今に至るんですね」などと説明した。

【続きを読む】

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. ASKA容疑者、尿検査「最初拒んだ」 逮捕前『ミヤネ屋』への電話公開