2016.11.29 19:01

長渕剛が校歌作曲 福島・避難解除地区の高校、小説家柳美里さんが作詞

長渕剛が校歌作曲 福島・避難解除地区の高校、小説家柳美里さんが作詞

 福島県教育委員会は29日、東京電力福島第1原発事故による避難指示が7月に解除された南相馬市小高区で、来年度から授業を始める県立小高産業技術高の校歌について、小説家柳美里さんが作詞し、シンガー・ソングライター長渕剛が作曲すると発表した。

 同校は、小高区にあった県立小高工業高と県立小高商業高が少子化や原発事故の影響で生徒数が減少したため、統合・新設される。両校は現在、小高区に隣接する同市原町区の仮設校舎で授業を続けている。

 県教委によると、両校の校長らでつくる校歌選定委員会が、昨年4月から南相馬市に住み、工業高で小論文の講義を受け持つ柳さんに作詞を依頼。柳さんを通じて長渕に作曲を頼み、快諾を得た。

 長渕は「福島南相馬の復興の足がかりとなるべく、柳美里さんの渾身の歌詞に乗せて、現在作曲活動にまい進しています」とコメント。柳さんも「(校歌が)生徒や保護者、小高に帰れず避難生活を続けている住民を励まし、慰め、勇気づけることができるのではないか」とコメントした。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 長渕剛が校歌作曲 福島・避難解除地区の高校、小説家柳美里さんが作詞