2016.11.25 14:32

豊洲の盛り土問題で小池都知事、自らの給与減額

豊洲の盛り土問題で小池都知事、自らの給与減額

定例会見の前に、国際バレーボール連盟のファビオ・アゼベド氏(左)と記念撮影に応じる東京都の小池百合子知事=東京都新宿区の都庁(撮影・福島範和)

定例会見の前に、国際バレーボール連盟のファビオ・アゼベド氏(左)と記念撮影に応じる東京都の小池百合子知事=東京都新宿区の都庁(撮影・福島範和)【拡大】

 築地市場(東京都中央区)の移転先となる豊洲市場(江東区)の建物下に盛り土がなかった問題で、東京都の小池百合子知事(64)は25日の定例記者会見で、「中央卸売市場」の歴代市場長ら18人に対する懲戒処分を行ったことを発表するとともに、自らも給与を減額することを明らかにした。

 小池都知事は盛り土が実施されなかったのは自身が就任する以前のこととしながらも、「現在、都政を預かるものとしての“けじめ”」として自らの知事給与を3カ月、5分の1減額するとした。

 また、担当部局のトップだった元市場長4人について、6カ月または3カ月の減給5分の1としたほか、部長職にあった14人に対しても減給の懲戒処分を科した。6カ月の減給5分の1は、減給としては最も重い処分という。

 退職した市場長については処分ができないが、給与の自主返納を求めるとしている。

今、あなたにオススメ
Recommended by
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 豊洲の盛り土問題で小池都知事、自らの給与減額