2016.10.19 05:02

小池都知事、“五輪モード”祝辞 事務方があいさつ文忘れ即興

小池都知事、“五輪モード”祝辞 事務方があいさつ文忘れ即興

 優れた芸術の世界的な創造者たちを顕彰する「高松宮殿下記念世界文化賞」(主催・公益財団法人日本美術協会=総裁・常陸宮殿下)の第28回授賞式典が18日、常陸宮、同妃両殿下をお迎えして東京・元赤坂の明治記念館で行われた。

 登壇した小池知事は、バッハIOC会長との会談など大忙しの一日で「事務方があいさつ文を作ってくれたのですが、ばたばたして持ってくるのを忘れました」と切り出し、即興で祝辞を述べた。「(五輪会場について)現在どうあるべきか、さまざまな工夫をしているところ。どうやって東京が2020年、世界に発信するか、感動を提供していくか工夫しているところ。スポーツと文化がシナジー効果を生む、そんな大会にしていきたい」と“五輪モード”のスピーチだった。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 小池都知事、“五輪モード”祝辞 事務方があいさつ文忘れ即興