2016.10.19 05:02

綾野剛、悪に染まっていく男を演じ「ギリギリアウトな問題作」

綾野剛、悪に染まっていく男を演じ「ギリギリアウトな問題作」

実話を題材にした映画「日本で一番悪い奴ら」で主人公の警部を怪演した綾野剛(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会

実話を題材にした映画「日本で一番悪い奴ら」で主人公の警部を怪演した綾野剛(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会【拡大】

 俳優、綾野剛(34)主演で6月に公開された映画「日本で一番悪い奴ら」(白石和彌監督)のブルーレイ&DVDが来年1月11日に発売される。

 2002年に北海道警の稲葉圭昭(よしあき)警部の逮捕をきっかけに、道警の「おとり捜査」などが発覚した「稲葉事件」の実話が題材。警部と“S”(スパイ)と呼ばれる捜査協力者との関係を描いた犯罪エンターテインメント作品だ。

 北海道警の刑事となった諸星要一(綾野)は、ある日、敏腕刑事・村井(ピエール瀧、49)から刑事のイロハをたたき込まれる。それは「刑事は点数。点数を稼ぐには裏社会に飛び込み、“S”をつくれ」というものだった。諸星は言われるがまま“S”を率い、規格外の捜査を全うしていくのだが…。

 悪に染まっていく男を変幻自在に演じた綾野は「映画館とは違う形で、皆様にギリギリアウトな問題作をお届けできること、心より感謝いたします。ぜひ、ご自宅で大暴れしてください」と独特の言い回しでアピールした。

 メーキング映像などが収録された特典ディスク付きのプレミアム・エディションはブルーレイが7236円、DVDは6264円。通常版はブルーレイが5076円、DVDが4104円。

BD&DVD公式サイト

  • 実話を題材にした映画「日本で一番悪い奴ら」で主人公の警部を怪演した綾野剛(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
  • 映画「日本で一番悪い奴ら」場面写真(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
  • 映画「日本で一番悪い奴ら」場面写真(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
  • 映画「日本で一番悪い奴ら」場面写真(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
  • 映画「日本で一番悪い奴ら」場面写真、左からYOUNGDAIS、中村獅童、植野行雄、綾野剛(C)2016「日本で一番悪い奴ら」製作委員会
  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 綾野剛、悪に染まっていく男を演じ「ギリギリアウトな問題作」