2016.10.18 18:21

「鉄人28号」モニュメントの塗り替え作業開始 11月新色に、神戸

「鉄人28号」モニュメントの塗り替え作業開始 11月新色に、神戸

塗り替え作業のため足場が組まれた「鉄人28号」のモニュメント=神戸市長田区

塗り替え作業のため足場が組まれた「鉄人28号」のモニュメント=神戸市長田区【拡大】

 鉄人、生まれ変わります――。阪神大震災からの復興のシンボルとして、2009年にお目見えした神戸市長田区の「鉄人28号」の鉄製モニュメントの表面を塗り替える作業が始まっている。傷みが目立ってきたためで、現在の暗い青色から、原作漫画に近いコバルトブルーになり、11月6日に披露される予定だ。

 18日は、鉄人の周囲には組まれた工事用の足場を、通りがかった人たちが見上げたり、カメラを向けたりしていた。

 モニュメントは高さ約15メートル。原作者の漫画家、故・横山光輝さんが神戸市出身であることにあやかり、地元の商店主らのNPO法人「KOBE鉄人PROJECT」が企画し造られた。近くのJR山陽線からも背中が見える。

 プロジェクトの岡田誠司さん(57)は「華やかな色に生まれ変わった新しい鉄人を見に多くの人が長田を訪れ、楽しんでもらえたら」と話している。

 今回の塗装作業は17日から11月5日までの日程。作業のため、10月21日以降は全体がシートで覆われる。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 「鉄人28号」モニュメントの塗り替え作業開始 11月新色に、神戸