2016.10.18 17:49

USJ、「エヴァ」題材の乗り物を期間限定導入

USJ、「エヴァ」題材の乗り物を期間限定導入

USJの「エヴァンゲリオンXRライド」のイメージ((c)カラー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン提供)

USJの「エヴァンゲリオンXRライド」のイメージ((c)カラー、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン提供)【拡大】

 大阪市の米映画テーマパーク、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は18日、人気アニメ「エヴァンゲリオン」を題材にした乗り物を来年1月13日~6月25日の期間限定で導入すると発表した。同時期に開く漫画「進撃の巨人」の劇場型アトラクションは映像を刷新する。

 「エヴァンゲリオンXRライド」は、仮想現実(VR)端末を装着し映像に合わせて動く乗り物に乗る。作中の敵「使徒」との戦闘に巻き込まれるという設定だ。

 進撃の巨人はストーリーを新しくし、高さ60メートルとされる「超大型巨人」などに立ち向かう体験が楽しめる。3D映像と連動して風が吹いたり、座席が振動したりする。

 日本をテーマにした期間限定のイベント「ユニバーサル・クールジャパン」の一環で、他にも「ゴジラ」をテーマにしたアトラクションなどを展開する。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. USJ、「エヴァ」題材の乗り物を期間限定導入