2016.9.27 11:00(1/2ページ)

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(141)】ちょっと風変わりな男女コンビ、パーパー

【ビッくらぼんの365日・芸人日記(141)】

ちょっと風変わりな男女コンビ、パーパー

特集:
ビッくらぼんの365日・芸人日記
ネタあわせは本番2時間前という男女コンビ、パーパーのほしのディスコ(左)と山田愛奈=東京・芝

ネタあわせは本番2時間前という男女コンビ、パーパーのほしのディスコ(左)と山田愛奈=東京・芝【拡大】

 パーパー(マセキ芸能社所属) ★結成・2014年 ★ボケ担当・山田愛奈(22) ★ツッコミ担当・ほしのディスコ(26)

 山田演じるダメな彼女にほしの演じる彼氏が振り回されるベタなカップルコントで笑わせる男女コンビ、パーパー。お笑いに情熱を注ぐほしのだが、コントと同じく“不思議ちゃん”の山田に振り回されっぱなしのようで…。

 --男女コンビですが、結成のきっかけは

 ほしの「僕は『ほしのしみず』という男性コンビを組んでいましたが、相方が芸人を引退したので解散。そこで、事務所の新人芸人発掘・育成を行う『マセキタレントゼミナール』で学ぶ芸人の卵から相方を探していたら、山田さんを見つけました」

 山田「私は愛知県一宮市出身で、名古屋コミュニケーションアート専門学校のアニメ声優コースを卒業しました。実は、お笑いをやりたいとは一切思っていなくて、入学した理由は(事務所の先輩の)狩野英孝さんに憧れて、英孝さんを一目みたいという理由だけで毎週1回、愛知の実家から高速バスに乗って通っていただけです」

 --狩野さんといえば、モテ男で6股騒動がありましたが

 山田「それは全く気にしていませんし、今でも好きです。でも、お付き合いをしたいと思ったことはありません。遠くから見ているだけで十分です」

 --話がそれてしまいすみません。山田さんはほしのさんに誘われて、どうだったの

 山田「ネタを書いてくれると言ったので、まあいいかと思い、なんとなく返事をしました。お笑いは、今でもなんとなくやっている感じ。一生の仕事とは考えていません」

 ほしの「そうなんですよ…。僕は山田さんから一方的に嫌われているようで。打ち合わせをしようと声を掛けても、いつも断られます。ネタ合わせは、ライブ当日の本番2時間前ですよ」

【続きを読む】

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 芸能
  4. 【ビッくらぼんの365日・芸人日記(141)】ちょっと風変わりな男女コンビ、パーパー