2016.9.23 19:26

蓮舫氏、補選での野党候補一本化に前向き「有権者に選んでもらいやすい」

蓮舫氏、補選での野党候補一本化に前向き「有権者に選んでもらいやすい」

 民進党の蓮舫代表は23日、就任後初めての定例記者会見に臨み、10月に行われる衆院東京10区、福岡6区両補欠選挙について、共産党などと調整し野党候補を一本化することに前向きな考えを示した。「政権選択の選挙とは違って、補選は2カ所だけだ。与党対野党というシンプルな構図の方が、有権者に選んでもらいやすい」と述べた。

 党代表選の際、蓮舫氏は野党共闘に関し、あいまいな発言を繰り返していたが、共闘を推進した岡田克也前代表の路線を引き継ぐ意向を鮮明にした形だ。

 蓮舫氏は2補選の具体的な対応は野田佳彦幹事長と馬淵澄夫選対委員長に委ねる方針も示した。次期衆院選の対応について「補欠選挙と全く同じ土俵で比較すること自体がナンセンスだ」などと語った。

 両補選の野党候補に関し、現状では民進、共産両党がそれぞれ独自候補を擁立している。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 蓮舫氏、補選での野党候補一本化に前向き「有権者に選んでもらいやすい」