2016.9.23 05:00

安倍首相、米副大統領と会談 TPP早期発効の協力継続で一致

安倍首相、米副大統領と会談 TPP早期発効の協力継続で一致

 訪米中の安倍晋三首相は21日午後(日本時間22日未明)、ニューヨークの国連本部でバイデン米副大統領と会談し、環太平洋連携協定(TPP)の早期発効へ日米が努力を続ける方針で一致した。

 首相は、ロシアのプーチン大統領が12月に来日することを説明。北方領土問題に触れ「プーチン氏と話をすることでしか解決できない」と理解を求めた。バイデン氏は「首相の賢明な対応を確信している」と述べた。米はウクライナ情勢を巡るロシアとの対立を背景に、日ロ接近に不快感を示してきた経緯がある。

 首相は22日(同23日)、日本の首相として初めてキューバを訪れ、国家元首のラウル・カストロ国家評議会議長と会談する。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 安倍首相、米副大統領と会談 TPP早期発効の協力継続で一致