2016.9.22 05:04

乗客に詰め寄られ激高?車掌が制服脱ぎ捨て高架下へ飛び降り

乗客に詰め寄られ激高?車掌が制服脱ぎ捨て高架下へ飛び降り

 大阪府東大阪市の近鉄奈良線東花園駅ホームで21日、列車の遅れについて利用客に説明していた男性車掌(26)が突然、制帽と制服を脱ぎ捨てて高架の駅から約7・6メートル下の路上に飛び降りる騒ぎがあった。車掌は重傷を負った。利用客とのやり取りの間に、何らかの理由で“キレて”しまったとみられる。

 列車が運転見合わせとなり、怒り気味の乗客に駅員が対応するのはよくある光景。だが、意外すぎる展開が…。

 午前10時半ごろ、河内小阪駅で死亡人身事故が発生。このため大阪難波行き特急も10時40分、花園ラグビー場の最寄り駅でもある東花園駅に到着したところで運転が取りやめとなり、乗務していた車掌はホームで乗客の対応にあたった。

 ダイヤの乱れで、ホームは当時約1000人の乗客でごった返していたが、11時ごろ車掌は帽子や上着などを投げ捨て、線路に降りてホームの端付近まで約90メートルを疾走。さらに高さ1・65メートルの外壁を乗り越え、高架下へ飛び降りた。

 降車を促した際、乗客から詰め寄られ激高したとの情報も。ネット上には「言葉遣い汚く声を荒げてるのはいるわ 集団で1人を囲むとかしてた」と書かれた投稿や、車掌が突然「こんな仕事いらん!」「死にたい」と叫んだとする“目撃情報”も寄せられた。

 近鉄は「鉄道事業者として不適切な行動を引き起こして大変遺憾」とコメント。車掌は腰椎と胸骨を折る重傷だが、命に別条はないという。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 乗客に詰め寄られ激高?車掌が制服脱ぎ捨て高架下へ飛び降り