2016.7.21 05:02

鳥越氏に淫行疑惑報道…21日発売「週刊文春」掲載、弁護団は抗議文送付

鳥越氏に淫行疑惑報道…21日発売「週刊文春」掲載、弁護団は抗議文送付

14年前に20歳の女子学生に迫ったと報じられた鳥越氏。ある意味“高齢不安”を吹き飛ばしたが… (撮影・三尾郁恵)

14年前に20歳の女子学生に迫ったと報じられた鳥越氏。ある意味“高齢不安”を吹き飛ばしたが… (撮影・三尾郁恵)【拡大】

 東京都知事選で20日、野党統一候補のジャーナリスト、鳥越俊太郎氏(76)について21日発売の「週刊文春」(7月28日号)が「『女子大生淫行』疑惑」と題した記事を掲載することが分かった。

 記事によると、鳥越氏は2002年夏、当時20歳の大学2年生の女子生徒を自身の別荘に誘い出し「二十歳にもなって、そんなに性のことを知らないのか」と関係を迫った。同誌の取材に鳥越氏側は「事実無根」と回答、女子生徒の夫は「あの男が都知事になることだけは許せません」とコメントした。

 鳥越氏は20日、世田谷区内の保育施設を視察した際、報道陣から記事について質問されたが、無言のまま移動用の車に乗り込んだ。夜になって鳥越氏の選挙事務所は「弁護団が抗議文を週刊文春に送付した」と発表。「選挙妨害及び名誉毀損での刑事告訴の準備に入った」としている。

 選挙期間中に候補者の疑惑を掲載したことについて、同誌は記事の中で「広く公共性、公益性に資するものであると考える」と説明している。

  1. サンスポ
  2. 芸能社会
  3. 社会
  4. 鳥越氏に淫行疑惑報道…21日発売「週刊文春」掲載、弁護団は抗議文送付