2016.5.30 20:45

女子高生連れ去り未遂、阪大生を逮捕 「話しかけただけ」容疑を否認

女子高生連れ去り未遂、阪大生を逮捕 「話しかけただけ」容疑を否認

 路上で女子高生を抱きかかえて連れ去ろうとしたとして、大阪府警松原署は30日、未成年者略取未遂容疑で大阪府松原市天美西、大学生、三木飛宙(たかひろ)容疑者(23)を逮捕した。関係者によると、三木容疑者は大阪大薬学部の6年生。「女の子に話しかけたが逃げようとしたので止めただけ」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は5月18日午後9時20分ごろ、府内の路上で、自転車で帰宅中の10代後半の女子高生を、抱きかかえて連れ去ろうとしたとしている。女子高生が悲鳴を上げると三木容疑者は車で逃走したという。

 同署によると、三木容疑者は女子高生の前に車を止めて降りた後、「駅はどこですか」と話しかけ、女子高生が駅の方向を指さした隙に女子高生を持ち上げようとしたという。逃げ去った車の目撃情報から三木容疑者の関与が浮上した。(産経新聞)