2016.5.23 17:45

アイドル刺傷の男、富田さんを「2、3時間待ち伏せした」

アイドル刺傷の男、富田さんを「2、3時間待ち伏せした」

 東京都小金井市で、私立大3年でアイドルの冨田真由さん(20)が刺され重体となった事件で、殺人未遂容疑などで送検された岩埼友宏容疑者(27)が現場となったビルの最寄りのJR武蔵小金井駅で「2、3時間、待ち伏せした」と供述していることが23日、警視庁小金井署への取材で分かった。

 小金井署は、襲撃の機会を逃さないよう早い時間から待ち伏せしたとみて、駅などに設置された防犯カメラの映像を解析するなどして、岩埼容疑者の当日の行動の裏付けを進めている。

 また小金井署は23日、岩埼容疑者の住所が京都市右京区太秦中筋町2の18で、職業は会社員と明らかにした。

 「事件当日、冨田さんに会うため、京都から新幹線で上京した」と供述していることも判明した。

 小金井署によると、駅から現場の間にある防犯カメラには、事件の数分前、岩埼容疑者に似た男が、一定の距離を置いて冨田さんの後ろを歩く姿が写っていた。

 事件は21日午後5時5分ごろ発生。岩埼容疑者のものとみられるブログには、同日午前8時25分に「行ってきます!」、事件直前の午後5時には「まだかなまだかな~」という投稿があった。

 岩埼容疑者は冨田さんに女性用の腕時計を贈っており、これまでの調べに「プレゼントしたものが送り返されて憤慨した」と供述。小金井署は23日の岩埼容疑者宅の家宅捜索で女性用の腕時計を含む33点を押収した。冨田さんは事件前、岩埼容疑者の名前を挙げ、インターネット上の書き込みをやめさせてほしいと武蔵野署に相談していた。