2016.5.4 05:04(2/3ページ)

「美少年」は負けない!松本零士氏、熊本の酒造会社を後押し

「美少年」は負けない!松本零士氏、熊本の酒造会社を後押し

震度6の揺れから難を逃れた「美少年」。全国への出荷を待っている

震度6の揺れから難を逃れた「美少年」。全国への出荷を待っている【拡大】

 朝からの激しい雨が、破損した酒瓶の山をたたきつけていた。熊本市内から車で約1時間。銘酒「美少年」を醸造する同社は、16日未明の本震で震度6を記録した菊池市の山中にある。

 「酒蔵を見るのも怖かった」。製造責任者の杜氏(とうじ)、水上弘童(こうどう)さん(44)は激しい揺れを振り返る。酒蔵の約8割、2万本以上の酒瓶が割れて流出。仕込みや貯蔵用のタンクも、13基のうち7基が破損した。

 「美少年」は2008年の事故米混入問題などで経営破綻。13年に別の製造会社がブランドを継承、再出発したばかりだった。

 不祥事への批判は誠意ある酒造りで払拭したが、今回の地震は2億円という“実損”が経営を直撃。同社の年間売り上げとほぼ同額で、さすがの水上さんも「どうすることもできない。もう製造をやめるしかない」と諦めかけた。

 しかし、東京からのビデオメッセージに奮起させられた。松本零士氏だ。「必ず復活できる。『なにくそ』の九州魂で踏ん張ってください」。代表作「宇宙戦艦ヤマト」などで「美少年」を登場させていた縁で、直筆イラストをラベルにした「純米吟醸 美少年 零」などのコラボ商品を発表していた。「何枚だってラベルを描くよ」と励ました。

【続きを読む】

  • 松本氏からの激励の色紙を手に、再起への決意を語る水上さん