2016.4.28 05:01

稲垣吾郎、10・8公開の湊かなえ小説映画で“謎の男”に

稲垣吾郎、10・8公開の湊かなえ小説映画で“謎の男”に

特集:
SMAP

 SMAPの稲垣吾郎(42)が、女優、本田翼(23)の主演映画「少女」(10月8日公開)で“謎の男”を演じることが27日、分かった。

 作家、湊かなえさんの同名小説が原作で、「死」にまつわる願望を胸に秘めた女子高生、由紀(本田)と敦子(山本美月、24)を描く衝撃作。

 稲垣は敦子がボランティア活動する老人ホームのスタッフ役。ある事件で家族と離れて暮らすことを余儀なくされ、深いトラウマを持つ寡黙な男として物語の鍵を握る。

 2010年の映画「十三人の刺客」で稲垣が演じた大名、松平斉韶の暴君ぶりに魅了された三島有紀子監督は「今度は普通の男が普通の幸せを失い、傷つきながらも受け入れて淡々と生きる姿を演じてほしい」と起用。本田、山本と初共演で、湊作品にも初参加となる稲垣は「すごく尊敬する作家なので光栄。自分にとって新しいチャレンジ」と難役に役者魂を燃やす。